いらっしゃいませ。
高瀬橋カフェです。

上質な心地よさのある
大人のための居場所。
そんなカフェを目指します。
高瀬橋カフェ公式HP http://www.takasebashicafe.com
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

陶器市の戦利品。もっと!
おはようございます。
高瀬橋カフェです。

先日に行った清水焼陶器市の
戦利品のつづきです。

フォルムが美しいご飯茶碗。
こちらは、子供用食器を卒業した娘用に。
贅沢でしょ。



コーヒーマグは、
今までとちょっと雰囲気を変えました。
モーニングコーヒーに合いそうです。



そして、これが今回、
一番のお値打ち品だったなぁと思っているのが、
こちらの急須。



手になじむ取っ手や繊細なふた。
眺めているだけでも、ホッと和む雰囲気をもっています。

京都に行ったら必ずお土産に買う
京銘菓「阿闍梨餅」を添えて、
おやつに熱い日本茶、いただきました。





高瀬橋公式ホームページはこちら。
陶器市の戦利品
こんにちは。
高瀬橋カフェです。

先週末、
京都の清水焼の郷で行われた
大陶器市に行ってきました。

好きな作家さんが出店されているので、
ここ数年は毎年のように行っています。

そこで手に入れた戦利品が、こちら。



たくさんの陶器の中で、
宝物探しのような気分で見つけた品々。
ひとつひとつをゆっくり眺めて見ると、
また素敵さが増します。



こちらは谷口左和子さんのコーヒーカップとソーサーです。
セットで5客購入しました。

谷口さんは京都下鴨を拠点に創作されている作家さん。
小さなお子さんの育児をしながら創作されているそうです。
すごいですよね。

谷口さんの陶器は、
シンプルですがやわらかいやさしいフォルム。
透明感があって、
さりげなく美しいといった雰囲気が漂っています。

早速コーヒーを注いでみると・・・
うん。いい雰囲気です。





そして、
我が家の食卓になくてはならない存在になりつつある、
朝倉浩之さんの器もまた増えました。



こちらの角皿。
お惣菜を少しずつのせてもいいし、
焼き魚をのせても良さそうです。



日常の食事の食器を、
朝倉さんの陶器でいただくというのは、
本当に贅沢なことで、
その度に幸せを感じます。


高瀬橋カフェ公式HPはこちら





京都清水焼の陶器市へ
こんばんは。
高瀬橋カフェです。

今週末は、京都の清水焼の郷で行われる
陶器市に行ってきました。
一昨年までは真夏に行われていたこのおまつり。
昨年から10月に行われるようになりました。

大好きな作家さんが出店されるので、
ここ5年くらいは毎年のように通っていて、
少しずつ、器を揃えています。

こちらは大好きな作家さんである
谷口左和子さんのブース。



「この棚ぜーんぶください」って言いたいほど、
素敵な陶器ばかりが並んでいます。

戦利品は、明日到着予定なので、
次回、ご紹介しますね。


プジョーのペッパー&ソルトミル
こんばんは。
高瀬橋カフェです。

いつ見ても気分があがる
そんなものに囲まれて生活したいですね。

我が家の台所にあって、料理中に気分をあげてくれるもの。
それが
「プジョーのペッパー&ソルトミル」。

手になじむ細身のボディ。
とにかく頑丈で、
目詰まり、刃こぼれがありません。
プジョー社が開発した切削加工は特許を持つ技術なんだそう。
これからもずっとお世話にになります!

今朝の朝食メニューにも、
このペッパーミル使いました。
サラダドレッシングです。
このドレッシング、生野菜、温野菜、お肉とも相性がよく、
これさえあれば、モリモリ食べられてしまいます。

[レシピ]
ゆで卵  2個
マスタード 10g
白ワインビネガー 大さじ1
砂糖   小さじ1
塩    小さじ1/2
黒こしょう →ミルで10回ひく
ニンニク(みじん切り) 小さじ1/2
サラダオイル 100ml
評価:
お勝手探検隊
マガジンハウス
¥ 1,575
(2007-09-20)
コメント:まずはカタチから。