いらっしゃいませ。
高瀬橋カフェです。

上質な心地よさのある
大人のための居場所。
そんなカフェを目指します。
高瀬橋カフェ公式HP http://www.takasebashicafe.com
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

だから、絵本はおもしろい!
こんにちは。
高瀬橋カフェです。

『飛ぶ教室』という児童文学雑誌を
ご存知でしょうか。
年4回発行されている、
児童文学の総合誌です。



最新号の2013年春号は、
「だから、絵本はおもしろい!」と銘打った
若手絵本作家の特集。



『かおノート』のtupera tuperaさん、
『バナナじけん』の高畠那生さん、
『おにじゃないよおにぎりだよ』のシゲタサヤカさんなど、
大好きな絵本作家さんばかりが登場して、
うれしい限り。

「きいろいボール」というテーマで、
7組の絵本作家さんの、
それぞれ短い作品が掲載されていました。

どれも、かわいくて、楽しかったですが、
tupera tuperaさんのマッチョは、
かなり笑いました!



だから、絵本はおもしろい!


不定期で絵本カフェも開催。
高瀬橋カフェ公式HPはこちら。

セイロンティと絵本
おはようございます。
高瀬橋カフェです。

ダージリンティに続き、
セイロンティに合う絵本のご紹介です。

セイロンティは、スリランカ産の紅茶の総称です。
今や美味しい紅茶の代名詞ともなっていますが、
高瀬橋カフェでも、
「キャンディ」「ディンブラ」の茶葉を取り扱っています。

そんなセイロンティを飲みながら読みたい絵本は、
梅雨時期にもピッタリな
『かさどろぼう』
スリランカを代表する絵本作家である
シビル・ウエッタシンハさんの作品です。



南国らしい鮮やかな絵と、
大らかで温かみのあるストーリーで、
絵本の中に引き寄せられます。

舞台はスリランカのとある村。
それまで傘の存在を知らなかったキリ・ママおじさんが
町で色とりどりの傘に出合い、
「なんてきれいで、べんりなものだろう」と買って帰ります。

ところが、村に帰ってお店でコーヒーを飲んでいるうちに、
かさは誰かに盗まれてしまいました。
何度かさを買って帰っても、
全部盗まれてしまったキリ・ママおじさんは、
ある時、どろぼうを捕まえようと、
作戦を立てます。

キリ・ママおじさんの大らかでやさしい行動が、
やがて村の人たちに感謝されることになります。
村にキレイな傘があちこちに開き、
花が咲いたようになったシーンでは、
とても幸せな気分に。



「どろぼうがかさをぬすんでくれて、よかったなあ」
というキリ・ママおじさんの言葉を聞いて、
肩の力が抜けてとても楽しい気分に。

梅雨に突入しましたが、
キリ・ママおじさんが買ったような、
とびきりきれいな色の傘でお出かけしたくなるかも。

雨の日に
『かさどろぼう』とセイロンティ、
いいですよ。


世界の紅茶お試しSETがオススメ
高瀬橋カフェ公式HPはこちら。







絵本男子を増やそう計画 その11
おはようございます。
高瀬橋カフェです。
久しぶりの更新になってしまいました。

今日は金曜日。
絵本男子を増やそう計画の日です。

ロジャー・デュボアザンの
『ゆくえふめいのミルクやさん』
をご紹介します。




毎朝四時起きで、
町じゅうに乳製品を配達している「ミルクやさん」。
毎日毎日奥さんがたと天気のはなしをするのにうんざりしてしまって、
ある朝、トラックにどっさり乳製品を積み込んだまま、
配達には行かず、
ドライブに出かけてしまいます。
気の向くままにすすみ、
やがて森の中の湖にたどり着きます。



そこで、トラックにつんである
ミルクやカッテージチーズやバターなどを食べながら、
のんびり過ごすのです。

大人が読むと、
ミルクやさんが日常から逃げ出してのんびりしたくなる気持ちがよくわかります。
そして自分を待ってくれている場所へ帰る安心感も。

忙しい日常にちょっぴり疲れてしまったら、
ミルクティーやカフェオレを飲みながら、
この絵本を読んで、
ミルクやさんと一緒に
ちょっと現実逃避してみるのもいいかもしれません。




ミルクに合うコーヒー・紅茶あります。
高瀬橋カフェ公式HPはこちら。








絵本男子を増やそう計画 その10
こんにちは。
高瀬橋カフェです。

毎週金曜日は絵本男子を増やそう計画の日。
10回目の今日は、
ジャリおじさん』をご紹介します。



ジャリおじさんとは、
鼻のあたまにひげのあるおじさんです。

とても不思議な動物や人に会っても
全く動じず、
淡々と道を進むジャリおじさん。



とても奇妙なたたずまいのおじさんが、
ページが進むにつれて、
どんどんと魅力的な存在へと変化していきます。

独特な色彩のアートな絵。
絵本を読んでいるというよりも、
画集を見ている感覚の方に近いかも。

大人男子さん、必見です。




ジャリおじさん




絵本男子を育てます。
高瀬橋カフェ公式HPはこちら。








ダージリンティと絵本
こんにちは。
高瀬橋カフェです。

これまで紅茶がのみたくなる絵本を何冊かご紹介してきましたが、
少し趣向を変えて、
茶葉の種類別に、オススメ絵本をご紹介します。

まずは、紅茶の王道、
ダージリンティを飲みながら読みたいのは、
絵本の王道?!
『ピーターラビットシリーズ』です。

イギリスらしく、ティータイムの描写なども多く、
雰囲気たっぷりに、アフタヌーンティを楽しめそう。



ピーターラビットというと、
キャラクターが先行してしまっていて、
実は絵本は読んだことがない。という方も
多いと思います。

シリーズでとてもたくさんのお話があるのですが、
1冊目の『ピーターラビットのおはなし』で挫折したという声もチラホラ。

そんな方にはシリーズ7作目の
『2ひきのわるいねずみのおはなし』から読んでみてと勧めています。
このおはなしを読むと、
現実の世界から、
自然にミニチュアの世界へと誘われるのです。


『ピーターラビットの絵本贈り物セット』

といいながら、
シリーズをまだ読破していない私ですが、
こんな素敵なセットがあるらしい。
うぅ、欲しい。。。


そして香り高いダージリンティは、
高瀬橋カフェでご用意しています。

Online shop1周年記念。
コーヒー豆・紅茶葉10%増量サービス中!

高瀬橋カフェ公式HPはこちら。








絵本男子を増やそう計画 その9
こんにちは。
高瀬橋カフェです。

久しぶりになってしまいました
「絵本男子を増やそう計画」。
今日は
『ねこのけいさん』です。



ケイさんという名前の猫ではありません。
ねこが頭の中で計算するお話です。

ねずみのとうさんが釣りに行くのを見て、
ねずみに魚を釣らせて、
どっちも食べてやろうと企む二匹のねこ。

妄想が膨らんで、
魚にかこまれたところを想像して、
よだれをダラダラたらしている2匹。



悪巧みをしていても、
なぜか憎めないキャラクターです。

そして、絶妙なオチが待っています。
取らぬタヌキの皮算用ならぬ、
とらぬネコの皮算用的なお話でした。
笑えます。


絵本男子を育てます。
高瀬橋カフェ公式HPはこちら。



京都嵐山。桜と絵本とカフェを巡る旅 後編
こんにちは。
高瀬橋カフェです。

春休みを利用した京都旅。
嵐山界隈の桜と絵本とカフェを巡る旅の後編です。

天龍寺を後にして、
JR嵯峨嵐山方面へブラブラ。
オシャレな古本屋さんがありました。



「London Books」とはまた素敵なネーミングです。
店内も、古本屋さんのイメージとはほど遠いオシャレな空間。
本棚からこだわって作られているそうです。
店内の照明器具など、インテリアも素敵でした。

残念ながら絵本は人気なのか品薄だったのですが、
文庫本棚から『小川未明童話集』を見つけて即買い。
帰りの電車の中で早速楽しみました。

London Booksの近くには、
ちょっと変わった風貌のカフェが。
その名は「嵯峨野湯」。
元々お風呂やさんだった建物をリノベーションしたそう。
蛇口やタイルなど、お風呂屋さんの名残が随所に散りばめられていました。



ここで遅めのランチとコーヒーで一休み。
パスタ美味しかったです。

その後、JR嵯峨嵐山駅で京都行きの電車に乗りました。

夜は「旬味きのした」さんで、
美味しいお酒と料理を堪能。



いやぁ。我ながら素敵な旅となりました。
今度京都に行けるのは夏かなぁ。
楽しみです。


ホームページをリニューアル
高瀬橋カフェ公式HPはこちら。




京都嵐山。桜と絵本とカフェを巡る旅 前編
こんにちは。
高瀬橋カフェです。

春休みを利用して、
大好きな京都へ旅行に行ってきました。
今回は嵐山界隈の
桜と絵本とカフェを巡る旅です。

まずは絵本・児童書専門店「えほん館」へ。
阪急嵐山線で嵐山に向かう途中の駅で途中下車しました。



ちいさなお店ですが、
一般書店では見つけられない絵本がたくさんありました。
長々と絵本を物色。
でもそれを許してくれるアットホームな雰囲気の絵本屋さんです。



「あれもある。これもある!」と興奮状態で、
ついつい買い過ぎてしまい、
その後、ずっと重い絵本を持ち歩かなければならないという状態に。
でも大好きな絵本をたくさん抱える幸せを、
存分に味わえました。

その後は嵐山で桜を堪能しました。
平日でお天気も怪しかったにもかかわらず、
観光客がいっぱいでした。



有名な渡月橋を渡り、
天龍寺へ。



こちらのお寺は、しだれ桜が楽しめるお庭が有名です。
高台から望む一面の桜は、本当に素敵でした。



その後はJRの嵯峨嵐山駅方面へブラブラとしたのですが・・・
長くなってしまったので、後編へとしたいと思います。


春なので、
ホームページもリニューアル。
高瀬橋カフェ公式HPはこちら。



祝!満開
こんにちは。
高瀬橋カフェです。

目の前の桜も、
いよいよ満開になりました。



3月半ばにとても暖かい日が続いたので、
今年の桜は4月までもつか心配だったのですが、
咲き始めてからまた少し寒くなって、
意外と長く楽しめています。
うれしい限り。

明日あたりは、川沿いの見物客で
大にぎわいになりそうです。

高瀬橋カフェ公式HPはこちら。


満開直前
こんばんは。
高瀬橋カフェです。

今日もちょっぴり肌寒かったので、
桜も縮こまっているような気がしました。
それでも満開直前。9分咲きです。



桜も今週いっぱいはもつかな。
長く咲き誇ってほしいです。


高瀬橋カフェ公式HPはこちら。